吉島康裕の出番です!!

サラリーマンインストラクターyossi-こと吉島康裕が、思ったことを気ままに書き記します。
やわらか戦車
きのこの山
PROFILE♪
CALENDAR♪
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
 
SELECT ENTRY
 
新着コメント
 
トラックバック
 
モバイル
qrcode
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - | ↑TOP
 
女子レスリング
  今日も、熱戦の続く北京オリンピック



 本日の見どころは



 なんてったって、女子レスリングでした



 今日は、48kg級の伊調千春と55kg級の吉田沙保里の出番でした


 

 伊調千春選手は、伊調姉妹の姉で前回のアテネでは、惜しくも銀




 表彰式でも、自分への苛立ちからか笑顔ひとつ見せない表情が印象的でした



 今回は、どうにか姉妹で金を取ってほしいもんだと思っていたのですが・・・



 結果は、またしても銀メダル・・・



 でも、今回の表彰式の表情は前回の表彰式の表情とは一転



 満面の笑みでした



 表彰式後のインタビューで彼女は



 「アテネ五輪後の4年間、妹の馨と一緒に頑張ってきて、そのレスンリング人生には、全く悔いは無かった」



 と、言っていました



 そのインタビューの途中、泣きそうな顔をしながらも懸命にこらえて、答えてる姿が印象的でした



 この悔しさは、妹の馨選手が必ず晴らしてくれることでしょう



 その後、すぐに吉田沙保里選手の出番でした



 こちらは、今年の頭まで世界大会、駆逐の119連勝を突っ走っていた凄い選手



 ですが、その連勝がオリンピックイヤーの頭に途切れた事によって



 ここに来るまでに、大変な苦悩と努力を重ねてきたそうです



 今日の試合内容は、全く危なげないものでしたが



 決勝戦で、フォール勝ちを決めた瞬間



 前回とは、違って涙を流して喜んでいました



 前回は、多分勝って当然と自分でも思っていたんでしょう



 ですが、今回はすごく試合が怖かったらしいです・・・



 そんなプレッシャーの中、いつも通りの実力を出し切ることが出来、手にした金メダルだったからこそ



 出てしまった涙だったんでしょう



 思わず、もらい泣きしそうになりました



 てな感じで、今日もたくさんの感動を貰った北京オリンピックでした



 伊調千春選手、吉田沙保里選手、本当にお疲れ様でした、そしておめでとう



| オリンピック | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
 
<< 盆休み3日目 | main | 盆休み終わってもうた・・・ >>
スポンサーサイト

| - | 21:49 | - | - | ↑TOP
 
COMMENT

【コメントする】









 
TRACK BACK

この記事のトラックバックURL
http://yossi-1011.jugem.jp/trackback/467