吉島康裕の出番です!!

サラリーマンインストラクターyossi-こと吉島康裕が、思ったことを気ままに書き記します。
やわらか戦車
きのこの山
PROFILE♪
CALENDAR♪
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
 
SELECT ENTRY
 
新着コメント
 
トラックバック
 
モバイル
qrcode
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - | ↑TOP
 
WANTED最高!
  昨日、借りたDVD「WANTED」期待通りの傑作でした

 

 主演はジェームズ・マカヴォイとアンジェリーナ・ジョリー


 ジェームズ・マカヴォイって誰?って思う方もいるでしょう


 実は、ナルニア国物語 ライオンと魔女に出てました


 序盤で、ナルニアに一番始めに末っ子が行った時に会った


 あの、情け無い顔の半獣人(下半身が馬っぽいやつ)を演じてたみたいです


 はっ、そう言えばあの情け無い顔・・・あいつだ!!


 そのマカヴォイ、今回も情け無い役でした最初は・・・


 あらすじは


 拒食症(実は過食症)の女ダメ上司に毎日怒鳴られ


 パニック障害で、心拍数が上がると周りのものがスローになって見えて


 くすりを飲まないと抑えられないほどストレスを感じているダメ社員ウェスリー


 ある日、薬局で昔蒸発した父を知っていると言う女性フォックスに出会う


 いきなり、その父は殺されその犯人が今そこにいる・・・


 いきなりの銃撃戦


 なんとか追っ手から逃れて、その女性たちのアジトへ


 実は、パニック障害だと思っていた症状が暗殺の特殊能力で


 そこで、いろいろな暗殺者としての特訓が始まる


 そして、待ちに待った父の仇との対決・・・


 だが、実は・・・


 と、こんな感じのお話なのですが


 なんと言っても、映像が斬新


 轢かれそうになる主人公を赤のダッジバイパーでスピンしながら


 助手席に乗せたり


 銃で撃った弾が曲がったり


 カッコいいんですわ〜


 こういった類の映画好きだな〜


 全くありえない話のMATRIXに対して


 そのMATRIXに現実味を持たせた感じのWANTED


 監督とか全然別人ですが、なんかVFX(特殊効果)とか


 MATRIXっぽかったです


 そうそう、いつもは吹き替えで見る派の僕ですが


 今回は、なんとなく字幕で見ました


 一回見終わって、吹き替えも見てみるかと思い


 声聞いてがっかり・・・


 主人公ウェスリー役をDAIGOがやってました・・・


 あの喋り方のまんま


 いつもほどのダラダラ喋りじゃありませんが


 あれは、無しだろ!!


 数分で見る気なくしましたよ(DAIGOファンの方すいません)


 と、せっかくの傑作が吹き替えだけは非常に惜しい作品でした


 でも、僕的には5点満点の4.5点


 十分満足出来た作品でした!!


 

| 映画 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
 
<< ピザピザのピザ | main | 久々のムーン >>
スポンサーサイト

| - | 12:25 | - | - | ↑TOP
 
COMMENT

【コメントする】









 
TRACK BACK

この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。